2014年、トレイルランニングがブレイクの予感!

f:id:sheepman1130:20140103094809j:plain


あけましておめでとうございます!

今年もこちらのブログでは、一市民ランナーとしてトレイルランニングの魅力などをお伝えしていければと思っています。本館ともどもよろしくお願い致します。

文系ランナーZ(本館)トレイルランニングをやっている方向けの少々マニアックな内容

文系ランナー Annex(別館):このブログ。トレイルランニングをやっていない方向け。

今回は本館とほぼ同じ内容です。


一昨日、Twitterを見ていたら、プロレスラーの鈴木みのる選手が、

f:id:sheepman1130:20140103020625j:plain


と、つぶやかれていました。

鈴木みのる選手といえば「世界一性格の悪い男」と呼ばれ、ではなく、パンクラスを立ち上げメンバーであり、今は新日本プロレスで活躍中ですね。ゴッチ式パイルドライバーや藤原式頭突きに胸を振るわせているオールドプロレスファンも少なくないでしょう(余談ですが、ヤングライオンのシングルマッチに鈴木選手や柴田選手を当てるのが新日の良心であり弱点ですね)。

トレイルランニングをやっていて、かつプロレスファンであるぼくとしては、正直なところ鈴木選手と「ランニング」や「トレイルランニング」とはまったく接点がなさそう。その鈴木選手から「トレイルランニング」という言葉が。。。

さらに翌日。

f:id:sheepman1130:20140103094839j:plain


なんだかはまりそうな雰囲気!これはいつかMMAコラボをお願いしないと!


そういえば、最近「トレイルランニング」という言葉を普通に見たり聞いたりする機会が増えたような気がします。

f:id:sheepman1130:20140103094852j:plain


リニューアルで原点回帰のシティボーイ路線復活の「POPEYE」。先月のATHLETIC CLUBの特集では、スポーツウェアの歴史のページに(小さくですが)「トレイルランニング」の文字。もちろん大手TNFさんのご尽力などもあるかと思いますが、2013年はトレイルランニング、注目されていたようです。

f:id:sheepman1130:20140103094915j:plain


こちらはMINIの季刊誌です。最後のほうに市民トレイルランナーご紹介の記事が掲載されています。ライフスタイル型のカーブランドであるMINIに「トレイルランニング」の文字。トレイルラン愛好家としてはなんだかうれしいですね。

ぼくは個人的に、トレイルランニングはイケてるカテゴリーだと思っています。アクティビティ自体の魅力も去ることながら、山やランニング、そしてミニマムといったキーワードは確実に時代性を捉えているし、自然の中を走り気分を開放するというポジティブさはこれからの時代に必要な要素でもあります。先日も書きましたが、ぼくの周りのラン仲間も時代の流れを敏感にキャッチする人が多いように感じます。

こうして少しづつ「トレイルランニング」という文字を目にする機会が増えてきた2014年。実際にやってみれば楽しく奥深いアクティビティです!今年はトレイルランニングが本格ブレイクの予感がします!