紙のカタログとWEBのカタログ

f:id:sheepman1130:20140506201750j:plain


3月にMountain Martial Arts初のカタログ「City and Trails」をリリースしましたが、先日WEB版をアップしました。

f:id:sheepman1130:20140506201803j:plain

 

 

f:id:sheepman1130:20140506201846j:plain


カタログを作る際に心がけたのが、ただスタイリングを見せるだけではなく、きちんとブランドとしてのライフスタイル提案をビジュアル化すること。やりたいことはアパレルでもファッションでもなく、トレイルランの奥深い楽しさや、トレイルランが生活を豊かにしてくれることをもっと多くの方にお伝えしたいのです(※)。

(※)だからMMAはWEBで情報発信し、トレイルランに纏わるイベントを開催しています。とはいえ、ぼくらは一市民ランナー。みなさまと同じ視線で共に成長し、楽しさを学んでいきたいと思っています。

(おそらく)世界唯一の「トレイルランをベースにしたライフスタイルブランド」というコンセプトはブランドスタート時から打ち出しているものの、なにがなんだかさっぱりわからない、という方も少なくないと思います。カタログはそのコンセプトをビジュアル化することで、少しでも理解していただきやすくするツールとしての役割。

そのために、CITY、SHOP、CAFE、TRAILと4つのシーンを想定して撮影しています。トレイルランナーといってもトレイルに行っているばかりではありません。普段の生活=日常のシーンで着用していただきたいウェアを提案しているところが、MMAが他のスポーツ&アウトドアブランドと少し異なる部分だと思います。

f:id:sheepman1130:20140506201909j:plain


そして各々のシーンにテキストを加えて、ただ見るだけではなく、簡単な読み物としても楽しんでいただけるような作りにしています。もともと本業がグラフィックデザイナーなので紙の刷り物に対する思い入れがあって、例えば電車の中でスマホ片手にWEBカタログを見るよりは、刷り物のカタログを手にしていただきたい。

WEBにはWEBのよさがありますが、同様に紙には紙のよさがあります。WEBは流れていくけど、紙は手元に残るので、もしMMAを好きになっていただいたら、これから毎シーズンの紙カタログを手元に残して成長していく様も見ていただけたら、なんて思っています。自分が紙カタログコレクターなのでw


とはいえ、まだまだ紙カタログを置いていただいているところも少ないので、多くの方に見ていただけるようにWEB版も作りました。カタログをお持ちの方にもなにかしらの喜びを感じていただけるように、カタログと写真とレイアウトを変更したリミックス(再編集)バージョンにしています。数千枚の写真から選びなおすのはそこそこ大変な作業ですが、カタログのデザインをそのままアップしても面白くないし。


もしWEB版のカタログを見て「紙のカタログも欲しいな」と思っていただいたら、MMA取り扱い店舗様とOnEdrop cafe.様に置いていただいていますので、是非足を運んでみてください。オーナーさんとトレイルラン談義も出来ると思います。そういうコミュニケーションも紙カタログの味わいのひとつですね。

ちなみに表紙の三角のグラフィックは、山と空と雲をイメージしています。これは書いておかないとわかりませんねw