GODZILLA(レジェンダリーゴジラ)

f:id:sheepman1130:20140828020915j:plain


先日、仕事帰りに「GODZILLA」を(アラフィフのおっさんがひとりで六本木ヒルズに)観に行った。

 
観た方からは概ね評判がよい今回のレジェンダリーゴジラ(以下、レジェゴジ)。しかし、怪獣映画オタクが観れば、基本コンセプトが平成ガメラひとつめ(vs ギャオス)とまったく同じと気づくはず。

昔から続く天敵の関係。自然界の守護神。レジェゴジの製作スタッフが平成ガメラ三部作を参考にしたことは想像に難くない。そういえば敵役のMUTOもギャオスとレギオンを足して2で割ったようなデザインだった。

そういう意味ではシナリオや設定に破綻したところはなく感じられ、初代ゴジラ核に対する自然の脅威というスタンスからも大きく外れないゴジラを生み出している(そもそも「自然界の守護神」というコンセプトはガメラで成功しているのだから当たり前という気はするけど)。

ただ、平成ガメラをはじめとした国内怪獣映画の良作は、大体自衛隊が素晴らしい活躍をしている。怪獣頼りではないきちんとした戦略=ストーリーの軸があるのだが、レジェゴジでは肝心のアメリカ軍がぐだぐだ。強力な武器を有しているものの、作戦はイマイチ、成り行き任せ、後手後手。こういう部分が締まるともっと面白くなりそうな気がした。

ともあれ、映像は大迫力だし、映画館で観る価値はある。もう一度観たいくらい。まだの方は是非劇場で。

f:id:sheepman1130:20140828021509j:plain


さて、上記の平成ガメラシリーズ。ぼくの中では国内外含めて、過去最高の怪獣映画。ギャオスの設定、レギオンで見せた戦争、3作目の渋谷襲撃と、脚本、特撮が珠玉の出来。いまだに多くのファンを持つ。

そんな平成ガメラの脚本を書いた伊藤和典氏(※)が昨日Twitterで以下のようにつぶやいていた。

------------------------

ガメラ3」イリスへのとどめはガメラが野蛮に噛みついて食い殺す、というのを考えていたのだが、樋口真嗣に「エヴァでもうやってるんで、それはダメです」といわれた。時は流れて……(つづく)

(つづき)レジェンダリー「ゴジラ」での、とどめの一撃を観たときに「なぜこれを、おれが思いつかなかったのか」と悔しい思いをしたのだが、冷静に考えたら、それは無理なのだった。だって、火球を縦に貫いたら……ねぇ。

------------------------

おそらく平成ガメラを参考にしたと思われるレジェゴジと、それを見て刺激を受ける平成ガメラ脚本家!

こうしてクリエイティビティは高みに登っていく!

(※)映画版パトレイバー1、2、攻殻機動隊等、押井守氏と組んで数々の名作を生んだ天才脚本家。いまは袂を分かれているようだが、また一緒に組んだ作品が観たい。