読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッションとスポーツのある生活(EN ROUTE GINZA)

世間話 ファッション ランニング

f:id:sheepman1130:20140912000201j:plain


ユナイテッドアローズが手がけるスポーツとファッションがコンセプトの新業態「EN ROUTE(アンルート)」一号店のレセプションにお邪魔した。

↓インビテーションに書いてあったコンセプト

EN ROUTE(アンルート)は「Creative New Metropolitan Life」をビジョンに掲げ、「ファッションとスポーツを同じ感覚で楽しむ」という都市生活の新しい価値観を提案致します。

 
場所は東銀座昭和通り沿い。アークテリクス銀座の昭和通り向かいくらい。走る、と考えれば、皇居、勝鬨抜けてお台場、有明、豊洲方面などもアプローチ圏内。メゾネットになっている広い店内には、なんとランニングステーション(ロッカーやシャワールーム)も設置されている。あー、チェックし忘れた。

f:id:sheepman1130:20140912000312j:plain


雨の降る午後に到着すると、たくさんの人でビックリ!UAとスポーツという組み合わせが高い注目度であることは間違いない。

f:id:sheepman1130:20140912000333j:plain


実はファッションとスポーツというのは相性が悪いとぼくは思っていて、このふたつをテーマにして成功しているブランドは、グローバルブランド以外では少ない。

小さいながらもスポーツをテーマにしたブランドをやっている身からすると、EN ROUTEは「あー、そうきたか!」という感じで(上から目線ではありませんよ)、6月に見たプレビューよりショップでの表現のほうが全然わかりやすかった。

f:id:sheepman1130:20140912000344j:plain


ぼくが解釈したEN ROUTEは、スポーツとファッションをミックスするスタイル提案をメインとしているのではなく、ライフスタイルの中にスポーツとファッションを並列に並べ、モードテイストのディレクションで表現する。あくまでも提案自体はライフスタイルが中心なのだと思った(そもそもそう書いてあるしw)。

f:id:sheepman1130:20140912000407j:plain


だからなのか、オリジナル商品はスポーツウェアではなく、ジャケットやコートだったりする。「Creative New Metropolitan Life」や「Wearable Tokyo」という都会よりのコンセプトもなるほどという感じ。

イメージされるのはスタイリングではなく人とライフスタイル。競技的なアプローチはスポーツ専門店や量販店でいくらでもやっているし、ライフスタイル提案とうたいながらモノやスタイリング中心の打ち出しから脱することが出来ないセレクトショップが多い中、斬新であることは間違いない。他のセレクトショップもこのカテゴリーに追随するかな。

f:id:sheepman1130:20140912000423j:plain


今日が完成型というわけでもないと思うので、またちょくちょくと見に行きます。同じ釜の飯を食った者同士、お互いスポーツのあるライフスタイルを盛り上げていきましょう!(規模感は全然違うけどw)

f:id:sheepman1130:20140912000433j:plain


あ、見慣れたブランドも。