UFC 178: Johnson vs Cariaso

f:id:sheepman1130:20140929234938j:plain


UFCのお膝元、MGMグランドガーデンアリーナで開催されたUFC178。

メインイベントとして組まれていたJJとコーミエの試合は残念ながらJJの負傷で流れたが、もしそれで観るのを止めた方がいたとしたら、大きな損をしたと言える大会だった。

 

f:id:sheepman1130:20140929234950j:plain


MGMグランドガーデンアリーナの10%の観客はアイルランド人だったらしい。アイルランド人のMMAファイター、コナー・マクレガーはボクシングで国内王者となった実績があり、MMAでの戦績は15勝2敗。そのうち14勝がKO勝利という高い打撃力を持つ。なによりもビッグマウスと強いカリスマ性を持っている。

対戦相手はランキング5位、UFCで3年近く闘っている実力者のダスティン・ポアリエ。試合前から舌戦でヒートアップしていたが、仕掛けているのはもちろんマクレガーだ。

変則的な打撃のマクレガーとオーソドックスなスタイルのポアリエ。探り合いと思われた1Rに、唐突に試合は終わってしまった。マクレガーの左フックをダッキングでかわしたように見えたポアリエだが、マクレガーが狙っていたのか、ポアリエの運が悪かったのか、側頭部(耳の後ろ)をパンチがかすめた。結果的にふらふらっと倒れたポアリエにマクレガーが追撃のパウンド。試合は止められた。

おそらく多くの観客は何が起こったのかわからなかっただろう。それどころか、スロー再生を見てもよくわからない。ひとつ確かなことは、マクレガーは重く鋭い打撃を持つということだ。

MGMグランドガーデンアリーナの一角を占めたアイルランド人はもちろん熱狂。日本でいえばかつてのサク、五味選手のように、マクレガーがアイルランドMMA人気を牽引する存在なのだろう。日本、ブラジル、アメリカで生まれ育ったMMAは、ワールドスタンダードの存在となったことを実感した。

これでマクレガーの上位ランク入りは間違いない。フェザー級は王者アルドに来月チャド・メンデスが挑戦するがリ・マッチであり、上位ランカーのカブ・スワンソンやフランキーもアルドに破れていることを考えれば、マクレガーがタイトル戦線に絡んでくる日はそう遠くないだろう。

f:id:sheepman1130:20140929235002j:plain


UFC系最強ファイターと呼ばれ、参戦が待たれていたエディ・アルバレス。ベラトールのトップがスコット・コーカーになったことでリリースされ、いよいよUFCに待望の参戦となった。

対戦相手はライト級大関クラスのカウボーイセラーニ。アルバレスにとって初戦からクセ者が相手だなとは思ったが、ランク5位のセラーニの上にはメレンデス(タイトル挑戦決定済)、ヌルマゴメドフ、ドスアンジョス、ベンヘンと、楽な相手は一人もいなさそうだ。

身長差が目立つ二人だが、1Rからアルバレスは距離を縮めてクリンチアッパーで優位に立つ。お得意の乱戦に持ち込もうとするが、2Rからセラーニがローと多彩なパンチで距離をとり、入ってくるアルバレスを膝で迎撃。アルバレスに手詰まり感が出てくる。

そして3Rにアルバレスはローで倒されてしまう。スタンドでもグラウンドでも削られ、なんとか判定に持ち込んだものの、勝者は文句なしの3-0でセラーニ。非UFC系最強ファイターも大関クラスが下してしまう層の厚さ。

いきなり初戦を落としてしまったアルバレスはどう浮上していくのか。次回は手の合いそうなジョシュ・トムソンかジム・ミラーらと、“らしい”試合を見せて欲しい。もしくは体格を考慮すれば階級を下げるという選択もあるだろう。ただし、フェザー級もクセ者だらけである。

f:id:sheepman1130:20140929235013j:plain


日本期待の水垣選手は元チャンピオンのドミニク・クルーズに秒殺負けを喫した。どんなに努力して勝利を積み重ねても、一瞬で崩されてしまう厳しい現実。水垣選手は自分のゲームをする前に、クルーズのゲームに飲み込まれてしまった印象だった。実力以上に対戦相手へのゲームプランなど、チーム力の差があるのかもしれない。

それにしても完璧な勝利で戻ってきたクルーズとTJの試合は超高速ステップ対決となり、MMAの進化を見せてくれそうだ。

f:id:sheepman1130:20140929235023j:plain


キャット・ジンガノは負傷や夫の自殺を乗り越えてオクタゴンに戻ってきた。入場時の表情にその想いの強さを感じずにはいられない。1Rは若さと勢いという武器を持つヌネスに遅れをとるが、2Rから地力でヌネスを削り続け、3Rにマウントからの肘でTKO勝利。若手にMMAの怖さを教え込んでいるようだった。

パワーとテクニックを兼ね備えたジンガノは、敗北を知らないまま、敗北を知らないロンダ・ラウジーに挑戦する。

疑惑のインターバルで負けたが、ティム・ケネディMMAの奥深さを見せてくれた。フライ級王者のデメトリウスは打撃でもポジショニングでもランク8位のカリアソを圧倒。もはや敵なし状態である。

メインカードが流れてもこれだけ充実したカードを揃え、ハイクオリティな試合を魅せてくれるUFC。層の厚さが闘いの質を上げ、MMAを進化させる。だから面白い。