東京マラソン 2015(ギア編)

f:id:sheepman1130:20150226215438j:plain


レース編はコチラ↓

東京マラソン 2015(レース編 前編)

東京マラソン 2015(レース編 後編)

長かった東京マラソン 2015の話も今回で最後。ギア編です。

 
当日は以下を着用。

HEAD GEAR
Arc’teryx Neutro Visor
MMA Buff

最近のお気に入り、アークのバイザー+Buff。ぼくは眼鏡をかけているので、バイザーは雨よけになる。このアークのバイザーは軽量&しなやかで超オススメ。さらに汗対策にBuffをプラス(バイザーだけだと汗がボタボタ落ちてくる)。

f:id:sheepman1130:20150226215521j:plain


TOPS
MMA Sweat College Tee
Arc’teryx Phase AR
・fine track Floodrush Skin Mesh NS

一番下にドライレイヤーのFloodrush Skin Meshを着た。「汗を外に逃がし肌をドライに保つ」というアイテムだが、ぼくの汗っかきぶりはハンパないのでw、結局はいつもビショビショになる。それでも長時間の行動には欠かせない。ロードでは使わないアイテムなのかな?汗かきの方には超オススメです。

アンダーにロングスリーブのPhase AR、その上にMMAのCOOLMAX® Teeを重ね着。愛用していたPhase SL(薄いアンダー)を昨年末に転んで破いてしまって中厚のARを購入したのだが、この日のコンディションだと少し暑く感じる時があった。二枚(+ドライレイヤー)着るのであればSLのほうがよかったかな。また買わないと。

普通に考えると「Floodrush Skin Mesh+COOLMAX®Tee+アームカバー」というのがベストマッチな気もするけど、個人的にアームカバーが好きではない。

f:id:sheepman1130:20150226215545j:plain


BOTTOMS
MMA Denim Run Pants REG
Arc’teryx Phase SL Boxer Shorts

これまたいつものパターン。基本的にコンプレッションは使わない。それにしても周りのランナーの9割以上がコンプレッションを履いていた気がする。売れてるんだろうな。生足はぼくと外国人ランナー数人くらいだった。

f:id:sheepman1130:20150226215603j:plain


BACK PACK
・Ultimate Direction SJ Ultra Vest

ロードだとウエストバッグの方も多いけど、ぼくは走っているとお腹が張ってくるのでどうも苦手。ということで、いつものようにトレイルランニング用のベスト型バックパック。

特徴はなにしろ抜群のフィット感。ベスト型なので身体に密着して、揺れがほとんどない。さらに豊富すぎるポケット。ジェル、サプリ、ゴミ、iPhone、なんでも入ってしまう。どこに何を入れたか迷うほどw

東京マラソンは水筒やペットボトルが持ち込み禁止だったので、胸のボトルホルダー×2にはジェルとiPhone+小さめのハンドタオル、その上の小さいポケットにベスパハイパーと塩熱サプリを入れた。ボディ本体には雨を想定してGORE WINDSTOPPER®のウィンドシェルとハンドタオル。あとお守りセット(いつも山ほどお守りを持っている)+保険証。

今回は7LのSJ(Scott Jurek)を使用したけど、上記のように中に入れるものがあまりなかったので、次回のフルマラソン挑戦時には4LのAK(Anton Krupicka)でよさそう。所有していないので買わないとw

f:id:sheepman1130:20150226215619j:plain


REGS
・HOKA ONE ONE Bondi3
・DRYMAX Max Protection Trail Run
・New-HALE (Camo/Leopard)

両膝と右足土踏まずにニューハレでテーピング。どちらとも痛みは出ず、最後までいい感じだった。やっぱり○ンテックスよりニューハレ。チョーケイもテーピングすればよかった。

シューズはHOKA ONE ONE Bondi3を使用。ぼくはUFCウェルター級+3kgくらいの体重なのだが、42kを走り続けたことを考慮すると、脚自体の疲労はかなり抑えられたと思う。翌日も持病のチョーケイ痛と少しの筋肉痛くらいで、大きな問題なし。

f:id:sheepman1130:20150226215830j:plain


ちなみに東京マラソンではぼく以外にHOKA ONE ONEを履いていたランナーを二名目撃。二人とも外国人ランナーだった。日本のロードではまだまだ知名度は低いかもしれないけど、アメリカではロードでの使用率も高いと聞く。早いモノ好きのランナーはいますぐHOKA ONE ONEをGET!(元洋服屋はそういう響きに弱い)

以上が当日の装備。これ、Bondi3がロード仕様なだけで、トレイルランニングの時と同じ装備。

ロードしか走らないランナーのみなさまの中で、「少し変わったギアを試してみたい」「他のランナーとは違うギアで勝負したい」と思われたら、トレイルランニングまで視野を広げてみてください。創意工夫のある面白いギアがいくつも見つかるはず。