読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サードウェーブと行列

f:id:sheepman1130:20150422004507j:plain


「サードウェーブ男子」なるものがあるらしい。


とか


を読んでみてください。

 
ぼくのオフィスは中目黒にあるのだが、たしかに「キャップにヒゲ、メガネにニューバランス」な男子が街に溢れている。もはやnew balanceは3人に1人は履いている。そもそも自分が履いている。メガネもかけているし、ヒゲもある。ヤベ(NIKEを引っ張りだしてきてNBを履く頻度を少なくした)。

いわゆるサードウェーブ的な流れは、ポートランドやブルックリンの地産地消や小商いが、反消費社会やカウンターカルチャー的なスタンスでフューチャーされていたと思うのだが、カテゴライズされてしまったり大手が手を出した時点で、もはや消費される側にされてしまう恐ろしさ。。。昔のパンクやモッズもそうだったのだろうか。スタイルだけ一緒でもマインドはどうなんだろう、と思わないでもない。

f:id:sheepman1130:20150422004528j:plain


そんなサードウェーブ的な商業施設がオフィスの近所に出来た。フレッドシーガルにサンフランシスコ発の天然酵母パン屋+ブルーボトルコーヒー(5月オープン予定が運営変更により年内オープン予定に変わったらしい)、ポートランドの行列ドーナツ屋「CAMDEN'S Blue ☆ Donuts」とテンコ盛り。

近所だし、とりあえずドーナツを食べてみたいので行ってみる。

平日午前中におばさまやお姉様に囲まれて10分程度並んで購入。10時30分の時点で売り切れている種類あり。ぼくは4個購入して約1500円。けっこういい値段。

食べた印象としては、ドーナツ好きというわけではないので詳しくは分析出来ないけど、食感やフレーバーに独特感はある。隠し味的なスパイスも効いている。ここでしか味わえないドーナツかもしれない。でもぼくはジャンク好きなので、数時間並ぶのであればミスタードーナツで充分かな。10分程度の並びならいいけど、数時間も並ぶのはイヤ(並び嫌い)。

そもそもコーヒーもドーナツも数時間並んで食するようなものなのだろうか。コーヒーとドーナツを否定したり卑下しているわけではなくて、もっと生活に寄り添った気軽な食べ物で、並ぶ時間を有意義に使ったほうが本来のサードウェーブ的な考えに沿っている気もする。自分だけのお気に入りの喫茶店やパン屋を探してみたり。日本にもたくさんあると思うよ(まあ人ぞれぞれの価値観ですが)。

最近はサンフランシスコやらポートランドやらブルックリン発という販促コピーを多く目にする。もはやテンプレ化している印象すらある。

個人的には「日本発」がもっともっとニュースになるといいなと思う。いつか「日本初のMMAが上陸!」なんてアメリカで言われるようになることを妄想しつつ。