メンテナンス

f:id:sheepman1130:20150429235251j:plain


先日書いたように、パンクしていた自転車が復活

せっかくなので、気分転換にサドルを変えることにした。

 

f:id:sheepman1130:20150429235319j:plain


自転車に関しては知識がまったくないので、パーツは見た目と勘で決める。

サドルは茶のレザーと銅色のドットがいい雰囲気を醸し出しているsan marcoというメーカーのものにした。交換する時に気づいたのだが、もともとついていたサドルもsan marcoだった。

先日久しぶりに乗ったら尻が超痛くなったので、「クッション性がよいものを」と思ったのだが、交換したサドルはあきらかに薄いタイプだった。。。

f:id:sheepman1130:20150429235339j:plain


ついでにライトも交換。それまで付けていたのは15年くらい前に購入した乾電池式だが、今はUSB充電型が主流らしい。あまり主張しないデザインがよいと思い、knogというメーカーのライトにした。デュアルライトがかっこよく、取り外しも簡単。

200ルーメンと明るいのはいいのだが、ちょっと点灯時間が短い(ハイビーム1時間、ロービーム、2時間、フラッシュ点滅6時間)。ロングで超距離を移動という使い方ではないので、そこは割切り。

サドルもライトも普通に売っているパーツ。でも、変えるだけで16年モノの自転車にぐっと愛着が湧いてくる。

きちんとこだわりを持って作られたモノには、そのモノが持つ性能や機能に加えて、作り手の気持ちやストーリーが感じられる。それがどういう価値になるかは人それぞれだけど、ぼくはそういうところをモノ選びの物差しとして大切にしたいと思っている。

ちなみに16年放置していたわけではなく、数年前にフロントサスのスプリング交換、全ワイヤー類交換、タイヤ交換、リヤキャリア取付けをやっている。きちんと手を入れれば、いくらでも長く乗れそう。

この夏は久しぶりにポタリングでもしようかな。