読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掲載情報!(GO OUT vol.68)

f:id:sheepman1130:20150502000130j:plain


現在発売中の「GO OUT vol.68」に、Mountain Martial Arts、というか、ぼくを掲載していただいています。

アウトドアが趣味な8名の中で、トレイルランニング愛好者として載せていただきました。いつもありがとうございます。

 
ブログで掲載情報を紹介する時はいつも表紙の画像にしているのだけれど、今回はマナー違反と思いつつ掲載ページを(上の画像)。これ、本当に自分で愛用しているウェアやギアの数々。

いろいろなトレイルを共にした思い出深いアイテムで(MMAの今季モノもありますがw)、中にはトレイルランニング以外にも使える汎用性の高いものもある。

MMAのウェアはトレイルランニング専用というわけではなく、デイリーでもランニングでもお使いいただけるし、ULTRA LIGHT HIKING用の超軽量ザック(MMA×OGAWAND)はデイリーユースにピッタリ。アクティビティで必須の速乾や軽量といった機能は、フェスやキャンプでも充分に役立つはず(これは本当にオススメ)。

トレイルランニング」という言葉をハードルに感じずに、是非一度試してみてください(MMA新作は近日入荷予定)。

もともとMMAを始めたきっかけのひとつに「トレイルランニングの魅力をもっと多くの方に知っていただきたい」という気持ちがあった。こうして「GO OUT」さんという影響力のある雑誌に掲載していただくのは素直にうれしい。

トレイルランニングと聞くと「キツそう」というイメージをお持ちの方が多いように感じるけど、運動神経ナシのぼくでも楽しめる幅広く奥深いアクティビティ。なにしろ自然を味わいながら走る楽しさは、一度味わったらやみつきになること間違いなし。

最近はいろいろなところで初心者向けのトレイルランニング体験会をやっているので、もしトレイルランニングに興味を持たれたら、まずは一歩踏み出して気軽に参加してみてください。楽しみ方は人それぞれ。始めてから、自分なりの楽しみ方が見つかると思います。

ただ、山をフィールドとするアクティビティなので、山でのモラルとマナーはきちんと意識してください。難しいことではなく「挨拶する」「譲る」、普段の生活でも必要な普通のことです。最近は「山の暴走族的なランナー」もいるみたいで、トレイルランニング愛好者としては残念な気持ち。。。

「山では共存共栄、助け合いの精神」というのは、ハイキングもトレッキングもトレイルランニングも同じ。というか、普段の生活でも同じ。