読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラボレーション

f:id:sheepman1130:20150623234331j:plain


collaboration:協力。共同事業。共同研究。協業。合作。共著。

MMAは毎シーズンなにかしらコラボレーションさせていただいている。

 
もともとがコラボレーション好きというのもあるけど、

トレイルランニングをベースにしたアクティビティのあるライフスタイル提案」

というブランドコンセプトが特殊なので、単体でがんばるよりMMAに賛同していただけるブランドさんとご一緒させていただくことで、より多くのユーザーの方々にメッセージが伝わればという気持ちがある。

f:id:sheepman1130:20150623234428j:plain


Monro (2013 Spring&Summer)

ビジュアルを重視したアウトドアギアを提案するMonroさんは目標とする先人。ブランドデビューした年にMonroファブリックでランニングパンツとバッグを作らせていただいた。実はUA時代からご縁がある。

f:id:sheepman1130:20150623234446j:plain



HOKA ONE ONE (2014 Spring&Summer)

UTMF(Ultra Trail Mt.FUJI)に合わせて、富士山をモチーフとしたワークトップをリリース。日本で開催される国際レースに来日する外国人ランナーに喜んでいただけるように、浮世絵風のグラフィックにした。

そして、今季はUL系(Ultra Light Hiking)のガレージブランド「WANDERLUST EQUIPMENT」と「OGAWAND」とコラボレーション。MMAサイトにインタビューを掲載しています。


ぼくはUL系どころか山の知識もまだまだで、だからこそその道に詳しい方の力をお借りする。その変わりにMMAはグラフィック使いが特徴なので、UL系には珍しい柄モノのギアが出来上がった。これこそコラボレーションの醍醐味。

f:id:sheepman1130:20150623235021j:plain

 

f:id:sheepman1130:20150623235034j:plain

 

f:id:sheepman1130:20150623235048j:plain

 

f:id:sheepman1130:20150623235101j:plain


UL系といっても街使いも全然OK。というか、シンプルで軽量だからこそデイリーに使いこなせる。こうした使い方の提案が出来るのも、コラボレーションならでは。UL系は街使いを推奨しないだろう。

そしてなによりも自分が欲しかったり、作っている最中に楽しかったりする。これはやっぱり最も重要。