トレイルランニングにはまると(ウェア編)

f:id:sheepman1130:20150716000109j:plain


前回のギア編に続き、ウェア編。


トレイルランニングは何を着たらいいの?」

と、そんなに身構えなくてもいいと思う。基本的にはランニングに使えるトップスとパンツに加えて、ウィンドシェルとレインウェア上下があれば里山程度なら充分。上の写真はぼくが初めてトレイルランニングをやった時のもので、NIKEのランニングウェア上下にウィンドシェルだった。

個人的にはトップスとパンツは最低限の機能さえ備えていれば、なんでもいいと思っている(このあたりは見解の異なる人も多いと思うので、あくまでも個人的な意見)。

トレイルランニングウェアはArc'teryx、Salomon、THE NORTH FACE、Patagoniaがシェアが高く、求められる機能は共通していて、「吸湿速乾」「動きやすさ(ストレッチ)」「軽さ」。

でも、それって多分マラソンでも登山でも同じ。

f:id:sheepman1130:20150716000122j:plain


トレイルランニングを始めた当初、ぼくは10AC(NIKE総合格闘家宇野薫選手のコラボブランド)のトレーニングパンツを履いていた。格闘技ウェアも速乾性とストレッチ性があり、なにより格闘技が好き。

f:id:sheepman1130:20150716000134j:plain


次に履いたのがSTUSSY SPORTS。これも宇野薫選手の100ACとSTUSSYのコラボブランド。これでSTY(85km)のレースに完走し、モンブラン半周レースのCCCにも出た(残念ながら完走ならず)。多分、STUSSY SPORTSでSTYとCCCに出た世界で唯一のトレイルランナー。世界で唯一っていいよね。

f:id:sheepman1130:20150716000144j:plain


要するに、最低限の機能さえ備えていれば、その人の気持ち次第でどうにでもなる。ぼくは機能を有しながらも、気持ちをアゲてくれるウェアが好きで、Mountain Martial Artsもそうした気持ちで作っている。

もちろん、ランナーによって趣味・嗜好の違いはあると思うので、「機能性」か、「気持ちをアゲてくれる」ことか、それとも「価格」を重要視するのかで選択肢が変わってくる。その選択眼に応えられるくらい、MMAを含めて様々なブランドがあるので、充分にご検討いただけると思います。

f:id:sheepman1130:20150716000156j:plain


ぼくはMMAのウェアでトレイルランニングもやるし、マラソンもやるし、登山もやる。近所ランもやるし、買い物だって行ける。なんという汎用性の高さ!(けっして一張羅ではない)

ということで、オススメはMountain Martial Artsです(ここはPR)。

f:id:sheepman1130:20150716000214j:plain


ウィンドシェルやレインウェアも、本当にいろいろなブランドから山ほど出ているので、機能性、デザイン、軽さ、価格など、好みで選び放題。ぼくの周りではTHE NORTH FACE、Patagonia、OMMを使うランナーが多い。

ウィンドシェル、レイン共に、軽さやどれだけコンパクトに収納できるかがポイントで、レインは加えて防水性と透湿性も気になるところ。実際に使ってみて経験値を上げる、というには高額なアイテムも多いので、前回書いたように専門店のスタッフさんのアドバイスや、専門誌のレビュー、ネットの口コミなどを参考にされることをオススメします。

f:id:sheepman1130:20150716000227j:plain


ちなみにぼくは最近はand wanderさんのウィンドシェルをトレイルランニングで愛用中。多分世界中のトレイルランナーでぼくだけ。登山もMARGARET HOWELLGORE-TEX®で八ヶ岳に行ったし、そんなウェア選択の遊びも面白い。

長々と書いてきたけど、言いたいことは「気構えなくても大丈夫。でも山でのアクティビティなので、最低限の機能を備えているものを」という感じです。

そして、ギアやウェアが揃ってきたら、もっともっとトレイルランニングにはまってくるはず。