読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瑞牆山と槍ヶ岳

f:id:sheepman1130:20150730131402j:plain

 

f:id:sheepman1130:20150801135229j:plain


先週は日本百名山である瑞牆山槍ヶ岳に登ってきた。

 

f:id:sheepman1130:20150730122129j:plain


瑞籬山にはHOCメンバーと。

HOCメンバーに共通するのは、トレイルランナーでもなく、ハイカーでもなく、山と楽しいことが好きってこと。みんな自分のスタイルを持っていて、硬派な瑞牆山ではちょっと浮いていたような気もするけど、山でのリスクを理解していれば既存のスタイルをなぞる必要はない。

f:id:sheepman1130:20150730131227j:plain


瑞籬山は標高(2230m)の割にはアプローチしやすく、山頂からの眺望が最高!オススメです。

 

f:id:sheepman1130:20150801160109j:plain


槍ヶ岳北アルプスのランドマーク的存在で、以前から登りたかった憧れの山。遠くから眺めていると、あんなに尖った山頂に登るなんて想像できない。標高は3180mで、日本で5番目に高い。

f:id:sheepman1130:20150801162934j:plain


槍ヶ岳山荘の少し下の殺生ヒュッテにテントを張り、荷物を下ろしていよいよ槍ヶ岳アタック。高度感があるけど、慎重に進めばそんなに難しいところはない感じ。

f:id:sheepman1130:20150801163859j:plain


登頂成功!やっぱりうれしい!

f:id:sheepman1130:20150801182257j:plain


テントまで戻り、みんなでゆるり夕食。もちろん携帯なんて通じない。静けさと空気と景色を楽しむ。

f:id:sheepman1130:20150801190023j:plain


絵画のような空の様子。この後、遠くで雷が光っていた。幸い翌日も雨は降らず、天候に恵まれた二日間だった。

f:id:sheepman1130:20150802065143j:plain


帰りは中岳経由、天狗原ルートで氷河公園方面へ。このルートが鎖場、ハシゴ、ガレ場の連続で、意外に苦戦。何度もルートを見失ってしまった。。。(疲れていると視界が狭まる)

f:id:sheepman1130:20150802090548j:plain


雪渓を渡る。雪解け水は最高に美味しかった。ここに来なければ味わえない美味しさ。つまり、最高の贅沢。

f:id:sheepman1130:20150801113626j:plain


山の師匠と。

槍ヶ岳でもいつものMMAスタイル。山もランニングもデイリーもぼくの中では等価値。楽しいことにカテゴライズなんて必要ない。

シューズはHOKA ONE ONEを選択した。Vibram®のアウトソールは最高のグリップで、軽量かつ高いクッション性は今回の山行にマッチしていた。

もしかしたらHOKA ONE ONE speedgoatで槍ヶ岳に登ったのは世界初?