読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つの夢

f:id:sheepman1130:20151013001340j:plain


トレイルランニングに出会ってから、2つの夢が出来た。

 
ひとつは今MMAでやっていること。

トレイルランニングをベースとしたライフスタイルブランド」

というブランドコンセプトには

トレイルランニングの楽しさ」
「アクティビティのあるライフスタイルの楽しさ」

を伝えたいという意味を込めている。

なにしろ運動歴がなかったぼくがスポーツ系ブランドを始めちゃうくらい楽しいのだ。MMAではWEBやイベント、そしてオリジナルウェアを通じてその楽しさを発信している。

MMAが生み出すもの

↑ これはMMAを立ち上げた2012年末に書いたプレ記事。実は当時まだ商品を企画中だったのでw、予告編的にアップしたもの。今も基本的には変わらないスタンスで、まだ3年目だけど共感していただいている方が少しずつ増えてきているように感じている。

そして、アクティビティやデザインが生み出す喜びは世界共通。規模は小さくても、アクティビティをやる人も、やらない人も、若い人も、若くない人も、男性も、女性も、コンセプトに共感していただける世界中のみなさまにMMAのメッセージを伝えたい。

f:id:sheepman1130:20151013003053j:plain


photo by SHO FUJIMAKI at Chamonix 2015 end of summer

そして、もうひとつの夢がUTMB(Ultra-Trail du Mont-Blanc)に完走すること。

ぼくは世界最高峰のトレイルランニングレースUTMBのドキュメントを観て、超感動したことがきっかけでトレイルランニングを始めた。MMAとは関係なく、1市民ランナーとしては、そこが最終的な目標。

とはいえ、年々走力は落ち、UTMBのエントリー資格ポイントは上がる一方(※)。夢は遠のくばかり。。。

(※)エントリーするのに「UTMBが承認しているポイントレースを3つ完走で9ポイント所有」という資格が必要。それだけの実力がないと完走できないレースということ。

f:id:sheepman1130:20151012201346j:plain


ぼくと同時期にトレイルランニングを始めたラン友はUTMF等100マイルを完走して、別の目標を見つけたり、トレイルランニングから距離を置くようになったり。

今週末に開催されたKOUMI100マイルというレースでは、なべちゃん(メチャ速)と神山さん(前の会社の先輩)が完走。

なべちゃんは国内の100マイルレースをすべて完走(八ヶ岳スーパートレイル、UTMF、おんたけ、KOUMI)という快挙を達成!展示会に来てくれた時に「コンプリートするのが目標」と言っていたことを思い出す。

f:id:sheepman1130:20151012225744j:plain


神山さんはコツコツと距離を伸ばして、ついに初の100マイル完走!課題を明確にして、きちんと練習して目標に挑む。前の会社時代でも堅実さを感じた神山さんらしい完走だと思った。二人ともおめでとうございます!

目標をクリアする周りのラン友の姿がなんだかまぶしい。ぼくも見習わないと。。。

前者の夢と後者の夢。うまくいったりいかなかったり。すぐに叶わないから夢なのかもしれないし、だからこそやりがいもある。

PS: 以前ブログで書いたこと。

ツェルマットの羊たちは、野性の山羊のように岩場を駆け上がることはしない。マッターホルンの麓の平原で、のんびりと毎日を過ごす。

でも、一度「岩場を駆け上がってみたい」と思ったら、羊は羊なりに頑張るだろう。そんな羊に出会ったことはないし、羊の気持ちが理解できるわけでもないけど、頑張るに違いない。

そんな羊がいるとして、始めから山羊のようには出来ないだろうし、どれだけ頑張っても登れないかもしれない。

羊は山羊にはなれない。

でも、山羊に憧れて、山羊になるための努力は出来る。体のつくりも違うし、身体機能にも大きな差があるけど、まずは低い岩場を登ればいい。その先に、高い岩場に登れる日が来ることを信じて。

と、文系のぼくは思った。