ぼくがコラボレーションする理由

f:id:sheepman1130:20151014193615j:plain


collaboration

1a【不可算名詞】 協力,協同,援助,共同研究.
1b【可算名詞】 合作,共著.
2【不可算名詞】 利敵協力[行為]

 
何回か書いているけど、MMAは毎シーズンどこかとコラボレーションさせていただいている。

理由はいくつかあって、

1. 自分で作れるものは限られているので、専門家とご一緒させていただけるのであればその知識と経験をお借りしたい。

2. MMAの「アクティビティにデザインを」というコンセプトはまだまだ認知されているとは言い難く、単独での力よりもご一緒させていただくことで認知度を高めたり、わかりやすいアプローチが可能になる。

3. 「1+1」が2以上になる未知の可能性(化学反応)にワクワクする。

4.なにしろやっていて楽しい。

といった感じ。

取り組ませていただくブランドさんも特に決まりなどはなく、大体がぼくからお願いすることがほとんど。カテゴリーもこだわらない。自分が好きなブランドやカテゴリー、そして顔が見えることが大切。

f:id:sheepman1130:20150729135152j:plain


今季は先シーズンに引き続きWANDERLUST EQUIPMENT(WE)さんとOGAWANDさんとコラボレーション。WEさんはなんと焚き火台!超軽量のスイス製焚き火台「Picogrill」のカバーをMMA Tiger Camoで製作していただきます。

f:id:sheepman1130:20150730153315j:plain


あと先シーズン好評だった超軽量ウエストバッグ(というかサコッシュのウエスト版)のKHAMPA LA PACK LightningのMMA Tiger Camo versionをスポットで販売予定。これは本当に使えるアイテムで、トレイルランニング、ランニング、デイリーと、この夏は大活躍した。(写真は春夏に発売したMMA Native version)



f:id:sheepman1130:20151010135753j:plain


OGAWANDさんからは大変お待たせしてしまいましたが、15〜30Lの可変超軽量ザック「Acperience」が発売になります。MMA Nativeの他、こちらもTiger Camo versionを製作。潔いまでにTiger Camoプッシュ。こんな存在感のあるULギアはなかなかありません。

OGAWAND/top

そしてトップ画像のAnswer4とは初のコラボレーション。ランニング用ウエストバッグ「NO LIMIT」のMMA Tiger Camo version。少し太めのウエストベルトはマジックテープになっていて安定感とフィット感が抜群。

ANSWER4

次の春夏はあのブランドさんと、秋冬はまた別のブランドさんと企画中。意外性もコラボレーションの楽しさのひとつ。「おっとMMA、そう来たか」的な、MMAらしいコラボレーションを今後も取り組んでいきたいと思っています。

そんな時、意外な方から「何か一緒に作ろうよ」というメッセージが!

WOW!

これは実現したい。