Made in Japan、From Japan

f:id:sheepman1130:20151029114952j:plain


春夏企画の打ち合わせで、東東京(EAST TOKYO)へ。

東東京はモノ作りの拠点が多い。

 
今回は生地屋さんにリクエストを出してみた。アクティビティ用の生地というのは驚くほど少なく(それがインディペント系アクティビティブランドが少ない理由のひとつだと思う)、その中から自分が望む生地を探さなければならない。リクエストに沿う生地を探していただくか、作っていただくか。

その打ち合わせの際に初めて知ったのが、MMAで使っている生地のほとんどが日本製ということ。

ご存知の方も多いかと思うけど、大手スポーツメーカーやアウトドアメーカーは生地メーカーと組んでオリジナル生地を海外で大量生産している。ぼくがおつき合いしている生地屋さんは、そうした生地との差別化もあって、日本製にこだわっているとのことだった。

「ちなみに違いはありますか」とお聞きしたら、日本製のクオリティのほうが全然高いということだった。

f:id:sheepman1130:20151006112846j:plain


MMAは2013年にスタートした時から日本で作っている。正直に言えば「日本製に超こだわっている!」的な意味合いではなくて、あまりにも少数生産だったから。海外製産はある程度の数量を求められる。資本もなく個人規模でスタートしたMMAではとても無理で、だからこその国内製産だったのだけれど、結果的にはそれがよかったと思っている。

f:id:sheepman1130:20151108032210j:plain


自分が考えるウェアを作る時、どうしても仕様が細かくなってしまう場合がある。例えばこちらのアクティビティ用のトップスは、3種類の生地を使っている。

f:id:sheepman1130:20151108032215j:plain


ボディは伸縮性のある吸水速乾素材。脇の部分はCOOLMAX®に昇華転写という方法でMMAオリジナルグラフィックをプリントしている。そしてその下部にポケットを配置。そのポケットの裏側は通気をよくするためにメッシュにしている。さらに胸にシルクスクリーンのプリント。

パターンを作るパタンナーさんがいて、
生地を作る生地屋さんがいて、
生地にプリントするプリント屋さんがいて、
生地を裁断する方がいて、
その生地を縫っていただく方がいる。

MMAのような少数ロットでこの複雑な行程を考えると、海外製産より国内製産の信頼性がぼくにとっては絶対の安心感になる。上記のようにカットソー1枚でも多くの人たちが関わっていて、なによりもコミュニケーションがモノ作りには大切。ネットの発展によりグローバル化した社会と言われるが、距離的なメリットはまだまだ大きい。

コストを優先して無理して海外でたくさん作っても、結局は在庫を余らせてセールなんて売り方はしたくないし。

f:id:sheepman1130:20151108030858j:plain

 

f:id:sheepman1130:20151108030905j:plain

 

f:id:sheepman1130:20151108030839j:plain


そして、真の意味で(※)デイリーとアクティビティをシームレスにつなぐスタイルは、ぼくの知る限りでは世界中でMMAだけ。このスタイルを日本から発信したい。

目指すのは、モノだけではなく、マインドを含めた「Made in Japan、From Japan」。

(※)デイリーウェアにスポーツブランドをミックスしたコーディネートという提案は他にもあるが、そうした発想とは根本的に異なる(そもそも大昔からあるし)。