読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定番アイテム

Mountain Martial Arts モノ ファッション

f:id:sheepman1130:20160118174329j:plain


何年か前から、洋服を買う機会が減った。厳密に言うと、慎重に買うようになった。

 
メンズウェアは意外にバリエーションが少ない。トレンドを追うような歳でもないので、オーセンティックなアイテム、つまり定番だけ揃っていれば事足りる。

だから欲しいアイテムがあったら、まず自分の持つ定番と重なっていないか思い返してみる。いま持っているアイテムのほうが魅力的であれば、買わない。買い替えた方がいいと判断した場合は、買う。先に所有していたものは処分。そうすると家にあるアイテムの総数自体は変わらない。

そうした選んだ定番服は、結果的に大切に着る。

f:id:sheepman1130:20151201233159j:plain


1990年代に購入したWild Things Denari Jacket。ブランドの最高峰モデルに位置づけられていて、当時はGORE-TEXだった(今はeVent)。

当時はアウトドアに興味がなかったけど、オートバイに乗っていたので重宝した。襟の高いフードがデザイン上のアクセントでもあり、ヘルメット下部からの風をシャットアウト。機能とデザインのバランスがGOOD。

防水、透湿のGORE-TEXに加えて、品質が変化しない化繊ダウン「PRIMALOFT」。15年以上経っても機能的には全然見劣りせず、今でも超寒い日はコレ。

f:id:sheepman1130:20151125172312j:plain


今週は冷たい雨が降った。そんな日はMACKINTOSHのゴム引き比翼ステンカラーコート。10年以上使用していて、けっこうボロボロ。でも気取らずさらっと着るのがいい感じ。洗いざらしのオックスフォードBD+デニムに羽織るような。

今みたいな高級ブランド的な雰囲気はあまり好みではない。某ダウンジャケットブランドにしてもそうだけど、もともと庶民にも買えるこだわり老舗ブランド的なところがよかったのに。「ラグジュアリー」なポジションになると、ぼくら庶民とは縁がなくなってしまう。

f:id:sheepman1130:20151220013307j:plain


キャラ的に似合わないので、これまでダブルのライダースを所有することはなかった。

これは一昨年購入したBEAUTY&YOUTH別注のSchott ワンスター。黒だとハードな印象のダブルライダースをキャメルスウェードに変えることで、落ち着いたイメージになる。デニムよりウールパンツが合う感じ。

それにしても重いうえに硬い。世の中にはダウンみたいに軽くて暖かいアウターがたくさんあるのに、何故このような重くて硬い服を着るのか。そこに浪漫があるからに違いない。その浪漫はぼくにはまだ見えない。

最初の画像はユーザーさんからお送りいただいたもの。初期にリリースしたTシャツからデザインを担当した大会参加記念手ぬぐいまで、たくさんのMMAアイテムを所有していただいている。

アクティビティウェアはある意味で消耗品。でもMMAはトレンドやマーケティングなどは意識せずに、オーセンティックなデザインを心がけている。

自分が定番アイテムを大切にするように、ユーザーのみなさまがMMAのアイテムを大切に使っていただけると、とてもうれしく思います。