読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS LANTAU 2016(装備編)

ギア ウェア トレイルランニングにまつわる話

f:id:sheepman1130:20160322210917j:plain


先日ブログに書いたように、香港のトレイルランニングレース「TRANS LANTAU」に参加してきた。

トレイルランニング+観光旅行=トレイルランニングトリップは楽しいよ」という話はこちら↓。


レース展開の話はこちら↓。


このブログでは装備の話を。

 
海外のトレイルランニングレースで困るのが

・その地域の気候がわからない
・どんな装備をしたらよいかわからない

である。

前者はとにかくWEBで情報を集める。現地の天気予報、気温、過去レースに出たことのある人のブログなど。

後者は気になるものはすべて持っていく。現地でも手に入るとは思うけど、探す時間や手間を省いたり(専門店が見つけられない場合もある)、「あれも持ってくればよかった」という後悔をしながらレースに挑むくらいであれば、多少荷物が増えたとしても持っていくほうがいい。

なによりも異国だからこそ、普段から使い慣れた装備が気持ちに安心感をもたらせてくれる。

f:id:sheepman1130:20160319011904j:plain


この時期、通常は香港は暖かいらしい。たしかに昨年1月に出た香港のトレイルランニングレースでは、暖かいどころか暑かった。

しかし、今年は例年になく冷え込んでいるらしく、レース前に主催者から「長袖かアームカバーのレイヤーを増やせ」とメールが届いた。

ということもあり、

■ HEAD
MMA BUFF
Arc’teryx Neutro Visor

■ TOPS
MMA Denim Zip Top
Arc’teryx Phase SL Long Sleeve
・Fine Track Floodrush Skinmesh (under)

■ BOTTOMS
MMA 7pocket Run Pants
・Patagonia Capilene Boxer Briefs (under)

■ SHOES
・ALTRA Lone Peak Neoshell

■ BACKPACK
・Ultimate Direction Hardrock Endurace Race Edition

■ STOCK POLE
・Helinox TL-120

■ OUTER SHELL
・OMM Aether Jacket

着替え&防寒として
・Patagonia Capilene4 
・OMM Kamleika Race Pant
をザックに入れて走った。

f:id:sheepman1130:20160320201406j:plain


特筆すべきは7ポケットランパンツの使い勝手のよさ。7つのポケットがあるのは本当に便利。しかもすべてのポケットが行動中にアプローチできる場所にある。

f:id:sheepman1130:20160319011932j:plain


ぼくは右サイドポケットにiPhone、左サイドポケットに画像の自作のタイムチャート表など、すぐに使いたいものを。そして各ポケットには補給や塩熱サプリなどを入れていた。ポケット豊富なUltimate Directionと組み合わせれば、ほとんどザックをおろす必要がない。

ちなみに洗ってもすぐ乾くし、そのまま街中でも使えるデザイン。

f:id:sheepman1130:20160319011847j:plain


毎回書くけど、ぼくは激しい汗かきなので、毎回ウェアにはあたまを悩ませる。特に50kにもなると行動時間が長くなるので、汗冷えには気をつけたい。今回はこまめにシェルを脱ぎ着することで調整した。

寒さが厳しいようであればPatagonia Capilene4に着替えようと思っていたが、そこまで気温は低くならず。長距離レースで寒くなると本当にツラいので、結果的にはよかった。

ポールはいままで使っていたBlack Diamond Z-poleが壊れてしまったので、Helinoxに買い替えた。Z-poleよりも少し重い感じもするけど、使い勝手はほとんど変わらない。なによりゴールドが気分を盛り上げる。

f:id:sheepman1130:20160322211138j:plain


シューズは雨天予想だったので防水素材のNeoshellのALTRA Lone Peakを履いた。ただ、香港は土が硬く階段が多いので、50kくらいの距離になるとさすがに足裏が痛い。。。個人的にはHOKA ONE ONEがマッチしていると感じた。実際、レースではHOKA ONE ONEユーザーがかなり多かった。

そうそう、前回の房総丘陵トレイルランで息がしにくい(常に酸欠状態な)感じがして、今回はブリーズライトを付けて走った。どれくらいの効果があったのかはわからないが、なんとなく調子がよかった気がする。そうした「悪くない印象」というのは気持ちを楽にしてくれる。心のコンディションは身体のコンディションと同様に大切なのだ。

といった感じで、結果的に今回はうまくはまったが、天候やトレイルの状況により、毎回そうなるとは限らないのがトレイルランニングの難しさであり、面白さでもある。

f:id:sheepman1130:20160319023202j:plain


今回の旅のお供はREMOWA salsaと、MMA×OGAWAND acperiens。

共に軽量で容量も程よく、4泊5日の香港旅行にベストマッチ。