読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの使い分け(Instagram公式アカウント)

f:id:sheepman1130:20160417132127j:plain


いまさらながら「Mountain Martial Arts」のInstagram公式アカウントをはじめました。よろしければフォローをお願い致します。

 
もともと自分ではInstagramをやっていて、MMAと分けようか悶々としていた。あらためて分けるほどネタがないような気がしていたのだが。。。


MMAには興味があっても、お前の買ったものやUFCやプロレスには興味がない」
というユーザーさんが多いから(個人アカウントは買い物かUFCかプロレスネタが多い)

分けたわけではない。

f:id:sheepman1130:20160418220446j:plain


Mountain Martial Artsは公式サイト、MMAブログ(文系ランナーZ)、このHOUYHNHMブログ(文系ランナー別館)に加えて、FacebookページTwitterと、小さい規模の割にはメディアをフル活用している。一応それぞれは使い分けていて、そこにさらにIstagramが加わった感じ。

詳しく書くほどWEBメディアの専門家というわけではないのだが、個人的に思うのは、各メディアが持つ特性を理解することにより、より幅広いユーザー層に発信することが可能になるということ。

例えば、MMAブログを読んでいただいているのはトレイルランニング好きな方々。文系別館はロード系ランニングをたしなみ、ファッションにも興味をお持ちの方々。と、ぼく自身は想定しているので、同じネタでもそれぞれ書く内容を変えている。

Facebookは各々のメディアを拡張する役割や案内版。Twitterも同様。

f:id:sheepman1130:20160418220431j:plain


それではInstagramは何のため? 

MMAはコンセプトを重視していて、わりとマメにブログで発信している。ただ情報過多な現代ではどれだけの方が興味を持ってブログを読んでいただいているかはわからない。

対してInstagramは「ビジュアルの説得性」を持っている。まさに「1000の言葉より1枚の写真」だ。うまく使うことでMMAを知っていただくきっかけになったり、ブログとの相乗効果を高める意味合いもあり、今後はより活用していきたい。

そしてもっとも大切な理由が、海外のみなさまにもMMAを知っていただきたいから。世界中にフォロワーを持つInstagram。さらに上記のようにビジュアルの持つ説得性という特徴は、国境を超えて発信するために適したメディアだと思っている。

近い将来、MMAを海外で展開したいと思っているので、まずは「日本にこんなブランドがある」と世界中のトレイル好きやランナーのみなさまに知っていただくきっかけ、海外との接点になればと思っている。

そう思ったら、すぐに行動に移せるのもInstagramのよいところ。アカウントを作るのは簡単です(フォロワーを増やすのは大変)。

PS: MMA Instagramは英語で一文加えている。ただ英語はブロークン。勉強しないと。