ブランド価値

f:id:sheepman1130:20160618234803j:plain


6月19日(日)22時より、WEBストア(CITY&TRAILS General Store)で新商品を販売いたします。


 
デイリーとアクティビティをつなぐアイテムが揃って登場。

f:id:sheepman1130:20160618233900j:plain


シャンブレーテイストのCOOLMAX®素材のシャツは、アノラックとボタンダウンシャツを合体させた意欲作。カジュアル過ぎない大人のデイリーウェアです。

f:id:sheepman1130:20160618234709j:plain

 

f:id:sheepman1130:20160618234657j:plain


MMA得意のプリントシリーズは、機能素材に40年代のミリタリーヘリンボーンと90年代のパッチワークをプリント。脇にベンチレーションをつけたB.Dシャツと7ポケットランパンツの2型で、これからの季節、夏の旅行やフェスなどにもご活用いただけるアイテムです。

 

f:id:sheepman1130:20160618234641j:plain


そしてボードショーツをモチーフにしたランニングパンツ。裏地は速乾機能のメッシュになっていて、肌のまとわりつきを防止。履き心地のよいランニングパンツです。

今季春夏の新作は今回が最後となります(7月に追加商品が販売予定)。是非ご検討いただきますようお願いいたします。

---------------------------------

WEBストアの写真は撮って終わりではなく、背景を抜き、色を実物に近くなるように調整している。作業自体は基本的なことで、MMAは型数がシーズン20型前後なので自分でやれるけど、全部やるとそこそこ時間がかかる。時には徹夜なんてことも。

些細なことといえば些細なこと。でも、長らく「ブランド」の仕事に携わってきて思うことは、ブランド価値の構築には近道はなくて、やるべきことをきちんとやり、その積み重ねしかないような気がする。

デザインは細部に宿るというが、ブランドも細部が大切。

閑話休題

Yahooにこんなニュースが。


そういえばこれから夏本番なのに、このところ各種会員セールのお知らせが届き始める。毎年のことではあるけれど。

「プロパーって何?」「プロパーで買ったお客様が損」みたいな状況が、ここ数年ずっと続いている気がする。

セールが悪いとは思わないけど(ぼくもやるし、買うし)、可能な限りプロパーで売る努力を怠ってはいけないと思う。

・お客様にご満足いただけるクオリティであり、納得いただける価格なのか
・お客様が所有する喜びを生み出すブランドに成りえているか

当たり前のことだけど、真正面から取り組むのは大変。でもそこから逃げていては、改善はなされないのだろうと思う。安くすれば売れるかもしれない。でもマークダウン前提のビジネスはお客様の価格への信頼をなくし、長期的に見れば真綿で自分の首を絞めているようなもの。

ブランド価値を高めることは自ブランドのためだけではなく、お客様のためでもある。