登山?トレイルランニング?(仙丈ケ岳)

f:id:sheepman1130:20160731001703j:plain


昨年結成されたHOC、活動再開。2016年第一弾は仙丈ケ岳

 
仙丈ケ岳南アルプスにある3000m級(3033m)の山で、日本百名山のひとつ。女性的ななだらかな山容から「南アルプスの女王」とも呼ばれ、割と初心者でも行きやすい(らしい)。

f:id:sheepman1130:20160731002339j:plain


前日は甲府市に泊まり、朝4時30分のバスで広河原へ。さらにバスを乗り換えて北沢峠。ここから1000mほど登る。

f:id:sheepman1130:20160727083510j:plain

 

f:id:sheepman1130:20160727085455j:plain


天気予報は霧、雨、曇と散々だったけど、ところどころで陽が射す。森林限界を抜けると陽射しを遮るものがないので、曇りくらいが身体にはやさしい気がする。なにしろ太陽が近いのだ(それでもけっこう日焼けした)。

f:id:sheepman1130:20160731001913j:plain


仙丈ケ岳手前の小仙丈。例によってみんな100マイラーや100kランナーなので、登るのが速い。かなり抑えてくれているらしいのだが、もはやおじいさん並みの体力のぼくは付いていくのに必死である。

f:id:sheepman1130:20160727094448j:plain

 

f:id:sheepman1130:20160727101526j:plain


南アルプス鳳凰三山しか来たことがなかったけど、スケール感や様々な表情があって、緊張感の続く北アルプスとは違った魅力がある。今年は北岳に登りたいと思っていたので、雰囲気を感じられたのはよかった。

f:id:sheepman1130:20160731002227j:plain


無事、仙丈ケ岳山頂に到着。

f:id:sheepman1130:20160727110109j:plain


昼食を済ませて、大仙丈ケ岳へのピストン。写真ではわかりずらいけど、綺麗なお花がたくさん!ここまで登ってこなければ見ることができない標高3000mのお花畑。なんとも贅沢。

f:id:sheepman1130:20160727111012j:plain


意外と高度感があって怖い。浮石も少なくないので、慎重に足を置いていく。

f:id:sheepman1130:20160727111626j:plain


大仙丈に到着。あまりよくない天気予報のおかげか、山頂は借切り状態。半袖短パンだとアブやブヨに注意しないとならない。虫除けやポイズンリムーバーをお忘れなく。

f:id:sheepman1130:20160731002019j:plain


大仙丈から戻る途中で雷鳥の親子を発見!(多分)お母さん雷鳥とお子さんが3羽。お母さんの後をおっかけたり、ちょっと離れちゃったり、微笑ましい様子をしばし見学。

f:id:sheepman1130:20160727120307j:plain


仙丈小屋で一休みして下る。下りは何故かペースが上がり、気づくとみんな走っている。もちろんハイカーさんがいれば走るのをやめるが、ハイカーさん達も「半袖短パンで元気だね!」と声をかけてくれる。お互いのリスペクトがあれば、巷で言われているようなトラブルなんて無縁のように思える。

f:id:sheepman1130:20160731001900j:plain


無事下山。ぼくはお酒を飲まないので氷ミルクコーヒー。美味しかった。

f:id:sheepman1130:20160731001819j:plain


HOCって登山? トレイルランニング

一言で言うと「トレイルランニングスタイルの登山」(リーダー曰く)。

走り続けるわけでもないし、逆に走りたいところは走る。景色が良ければ足を止めて写真を撮り、花を愛でて、雷鳥がいれば道を譲る。その楽しさのひとつとして「走る」という行為がある。走ることが目的ではないのだ。でもトレイルランニングで培った経験値やフィジカルは活きている。

これって実は山を楽しむ原点であり、トレイルランニングがカルチャーとして生き残るためのひとつの選択肢ではないかと思った。普通の登山ではなく、トレイルランニングでもなく、レースに出るための練習でもない。

そのスタイルは誰かが言い出したわけでもなく、HOCのメンバーだから生まれたスタイル。このメンバーでこのスタイルだから山が楽しく感じる。HOCが何の略かは気にしないでください。

f:id:sheepman1130:20160731001800j:plain


ただいまMMAオリジナルランニングバックパックテスト中。いい感じになりそうです。

f:id:sheepman1130:20160727102535j:plain


すっかり馴染んできた(?)Mountain&Marineスタイル。COOLMAX®にボーダーをプリントしたラグランTとデニムをプリントしたランパンはMMA取り扱い店舗で現在再販中。WEBストアでは来週中頃に発売予定です。速乾性機能を備えたアイテムは3000m級の山でも街中でも快適。すべて Made in Japan。