読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MMAと「シン・ゴジラ」の話(ネタバレあり)

f:id:sheepman1130:20160731231802j:plain


追加生産したボーダーTとデニムランパンも動きがいいようで一安心。ご購入いただきましたみなさま、ありがとうございます。

 
「キワモノ」だったMMAがようやく少しずつ認知していただき始めたのかなと思っています。一歩踏み込めば楽しいMMAワールド。

ただ「キワモノ」であることはぼくにとって大切。総合力の高さではなく、歪なアンバランスさはインディペンデントの武器でもある。先日観た「シンゴジラ」もそんな印象だった。ハリウッドに正面から対抗しても敵わない可能性が高いし、日本ならではの発想とモノ作り。

まだMMA未体験というみなさま。普段はあまり追加生産しないので、この機会に是非お試しください。

f:id:sheepman1130:20160731232603p:plain


以下「シン・ゴジラ」の話(ネタバレありなので映画未見の方は読まないでくださいね)。

シン・ゴジラ」は初日に観に行った。一刻も早く観たかった。どんなゴジラが生まれるのか。期待半分、不安半分。

そもそもがハリウッドで製作されたレジェンダリー版「GODZILLA」の成功を受けて復活した国産ゴジラ。ハリウッドの技術と資金力で生まれた完成度の高い映像に加えて、日本の怪獣映画のリスペクトを隠さないギャレス・エドワーズ監督が生んだストーリーは高い評価を受けた。


そのレジェンダリーゴジラに対して、資本力の劣る日本がどういうゴジラを生むのか。下手をすると本家の日本がレジェンダリー版の劣化ゴジラを生みかねない。

そんな心配は杞憂に終わった。多分、庵野監督はレジェンダリー版をあまり意識していなかったように思える。ゴジラという存在の捉え方どころか、怪獣映画に対するアプローチがまったく異なっていた。

誰も見たことがない「怪獣」という存在を問いただす。
怪獣という災害が起こった際のシミュレーション風展開。
津波や破壊された街並みなど、既視感のある映像。
自衛隊による多摩川攻防戦。
聞き覚えのあるエヴァンゲリオンの音楽。
聞き覚えのある怪獣大戦争のテーマ。
もはや人類では止めることが出来ない絶望感に襲われる最終破壊兵器的存在のゴジラ
(あそこですべてを投げ捨てて映画が終わっちゃうかと思った。おそらく怪獣映画史上最高の破壊シーン。)

これは。。。

庵野監督、やりたい放題ではないか!

観ていて、何故か「DAICON FILM」があたまに浮かんだ。


庵野監督がかつて所属していた伝説の自主映画製作集団。アニメや特撮を観て育ち、そして「自分だったらこんな風に作るだろう」を実践していた。規模感が大きくなっただけで、今でも庵野監督のマインドは変わっていないように思えた。

しかし、それだけでは終わらない。災害シミュレーション的な体裁に加えて、スクラップ&ビルド(復興)的テーマは今の日本ならではの説得力だと思うし、ゴジラという物語の核に自衛権や安保条約といった現実的な問題を絡める物語性の巧みさ!

「こういうゴジラが作りたかった」という作り手の気持ちは、「こういうゴジラが観たかったんだ」という観客の気持ちを捉えた。SNSでの絶賛の嵐はその証であり、その根底にあるのはオタク魂。海外のオタクよ、日本のオタクはハンパない。

そして、人間の上限なきクリエイションに鳥肌がたった。

PS: ぼくは巷で言われているほどエヴァンゲリオンとの類似は感じなかった。エヴァンゲリオン私小説的であるなら、ゴジラは怪獣映画として計算尽くされた娯楽小説。なんとなくエヴァンゲリオンの話を出してしまうと、この最高傑作を作った庵野監督他スタッフのみなさまに対して失礼な気がした。