空気を読んではいけない(青木真也選手のプロ意識)

f:id:sheepman1130:20160922121353j:plain


Mountain Martial Artsが唯一サポートするプロアスリート、青木真也選手(総合格闘家)の著書「空気を読んではいけない」が幻冬舎から絶賛発売中。

 

 
「周囲に流されることなく、常に隙間を探し、新たな技術を追い求め続けてきたことは、結果的に僕の選手としての市場価値にも繋がっている。」

ぼくはブランドは差別化と学んだ。そして、育てるもの。直ぐに市場に受け入れられるものは既存の価値観の延長上にある。もしくは模倣。そうではなく、目指すべきはオンリーワン。万人に認められる必要はなく、共感した方達に支持していただければいい。信念を貫けば、評価や結果は後からついてくる(多分)。

そのスタンスは青木選手に近く、だからシンパシーを感じる。

青木選手はTwitterで事前告知、突然書店に現れて購入者にサインをするというゲリラサイン会を展開中。ついにabema TVで生中継決定!さらに本に関するTweetをひたすらリツイートするなど、筆者が自らここまで販促を(しかも自主的に)やるなんて!

【新文化】 - 格闘家・青木真也氏、新刊販促で「ゲリラサイン会」敢行中


本や服や雑貨が「売れない」と嘆く方は、本当に自分ができることをやりきっているのか、一度見直したほうがいいかもしれない。本当に悩むのはやりきって結果が出なかった時。
こうした一面を見ても、青木選手のプロ意識が感じられる。MMAを着てメディアに出た際は必ず「着用しましたよ」と律儀に連絡してくれる。

内容的には格闘技だけではないし、どちらかというと人生指南的な内容なので、生き方に悩んでいる方の道しるべにもなるかもしれないし、自分らしく生きる一歩を踏み出す後押しになるかもしれない。

とはいえ、PRIDEやDREAM時代の話もあるので、格闘技好きな方も楽しめる。是非、ご一読ください。