コトとモノは相反するのではなく、共存するもの

f:id:sheepman1130:20171029230144j:plain

このところ週末になるとやってくる台風。

この週末は横浜マラソンが中止になったけど、富山マラソンは開催されたみたい。ぼくはどちらにもエントリーしていませんけど(フルマラソンは今のところ出る予定なし)。

その富山マラソンであった話。

 
富山にはMountain Martial Artsを取り扱っていただいているAT EASEさんがある。

 ランニング専門ショップではなく、オーセンティックなブランドに機能性ウェアを加えたご提案をしている。まだお伺いできていないのですが。。。(スミマセン)

で、富山マラソンの日。

フイナムランニングクラブのデニムランパンユーザーのGOさんが東京から富山に遠征に行っていて、スタート前にデニムランパンをきっかけにAT EASEさんのお仲間のみなさまに出会ったのこと。

f:id:sheepman1130:20171031002116j:plain

ご本人いわく

「知らない土地で、服を通じて人と繋がれるっていう経験が自分にとってはとっても新鮮で、嬉しかったんです。みなさんにコース上でも声かけていただいてたりして(後略)」

で、AT EASEさんいわく

「【MMA】は共通言語。着ているものが他の人とかぶると何となく「しまった!」と思ってしまうのですが、MMAは逆。「あっ!着てる!!」と妙にテンションが上るのです。
昨日の富山マラソン。いつものメンバーに加えて、東京から参戦した女性達、声をかけてくれてありがとう。スタート前から楽しかった!」

以前もブログに書いたけど、世の中にはモノが溢れ、「モノよりコト」と言われて久しい。

でも、モノはコトと出会うことで、より一層魅力を増す。モノがきっかけでコトが生まれることもあるし、コトもモノとの相乗効果で、楽しさや思い入れをプラスすることができる。

コトとモノは相反するのではなく、共存するもの。というより、もはや一体。MMAがそのお役に立てているのなら、とてもうれしい。


こちらは一年前の記事で、Mountain Martial Artsの顔ともいえるDenim Run Pantsの話。このアイテムがあったからこそ、今がある。

現在、60Aタイプが一年ぶりに発売中。来春は展開予定がないので、この機会に是非(WEBストアはサイズ欠けしていますが、取り扱い店舗様でも絶賛発売中)。

2018年はブランド6年目であり、あらためて地力を向上させたいと思っていて、Denim Run Pantsは一時お休み。一歩がデンプシーロールを封印したように(パンチドランカー気味だけど)。

次のリリースは一年後かもしれないし、もうないかもしれない。でも、今後もデニムランパンと同じように、コトとモノを共存させるアイテムを生み続けたい。

富山マラソンに参加されたみなさま、おつかれさまでした。ぼくもいつか参加しますね。もちろん、デニムランパンを履いて。