香港トレイルひとり旅(観光編)

f:id:sheepman1130:20180112135550j:plain

少し時間が経ってしまったけど、1月にトレイルレース「TRANS NT(57k)」に出るために、香港ひとり旅。観光編。

 
そもそも、トレイルランニングを始めるまで、香港にはまったく興味も知識もなかった。

ところが2015年にトレイルレースに出るために初めて香港に来たところ、東洋と西洋の文化が交流し、街からエネルギーを放ち、独自の景観を持つ香港に魅了されてしまった。

さらに街が山に囲まれアプローチが容易なことから、トレイルランニングが盛ん。メジャーマイナー問わなければ、数百というトレイルレースが開催されているという。日本からのフライト時間も短いし、トレイルランニングに加えて観光も楽しめる。行かない理由はない。

今回は3回目の香港。羽田から香港までのフライト時間は5時間弱で、映画二本観ている間にあっという間に到着。香港国際空港は施設が充実している上に広くて快適。ランタオ島にあるが、市内まではエアポートエクスプレスで30分とアクセスがよい。

f:id:sheepman1130:20180207014121j:plain

なにはなくともオクトパスカード。日本でのSUICAみたいなもので、チャージすれば市内の交通機関(地下鉄、バス、フェリー)はほぼ使える。ただクレジットカードではチャージできないみたい。とりあえずキャッシュで500HKDをチャージ。6日間で半分も使わなかった(次に来た時に使えばよい)。

f:id:sheepman1130:20180114105015j:plain

今回は九龍の繁華街、油麻地のホテルに宿泊。市内は地下鉄が充実していて、油麻地駅に近いホテルはどこに行くにもアクセスがよかった。

www.youtube.com


初日はホテルにチェックインしてから、地理(位置関係)や街の様子を覚えるためにランニングで街巡りをしようと思ったが。。。油麻地、佐敦、尖沙咀あたりはどこも竹下通り状態の混雑で、走るのは無理。結局、ランニングの格好をしたまま、10k程度散策した。

f:id:sheepman1130:20180207014322j:plain

レース前日は一日予定がなかったので、ひとりディズニーランドをやってみた。香港ディズニーランドランタオ島にあり、油麻地から地下鉄を乗り継いで一時間弱とアクセスもよい。しかし、夢の国とはいえ、おじさんひとりではあまり楽しめなかったよ。。。

香港というか、海外全体に言えると思うのだけれど、日本より物価が高い印象(円が弱い)。香港ディズニーランドも1day passで619HKD(8,983円)。設備やアトラクションが香港より充実している日本は7,400円。NIKEのスニーカーも日本とほぼ同じ価格で、海外で安く買えるモノは少ない。HOKA ONE ONEなんて、フランスより日本のほうが安かった。

f:id:sheepman1130:20180207014238j:plain


香港ディズニーにはスペースマウンテンがスターウォーズアレンジしてあったり、スターツアーズ風のアイアンマンがあったり、それ系が好きな方は抑えておきたいアトラクション。ぼくが行ったのは金曜日だったけど、人気アトラクションも並びは15分くらいで、日本に比べて圧倒的に空いていると思う(日本のディズニーは数年行ってないからわからないけど)。

f:id:sheepman1130:20180202003651j:plain

さて、レース当日。レースの様子はこちら。

mma-trailrun.blog.houyhnhnm.jp

 

f:id:sheepman1130:20180114125228j:plain

f:id:sheepman1130:20180115152111j:plain

レース後は香港在住のラン友と飲茶したり、足のマッサージを受けたりして過ごす。食とマッサージは香港観光の定番。栄養を摂り、身体をほぐしてレースでの疲れをリフレッシュ。

f:id:sheepman1130:20180115173439j:plain

昨年12月に香港のショップから「取り扱いたい」とご連絡をいただいた。グッドタイミングでの香港ひとり旅だったので、ショップにお伺い。日本のアウトドア&ファッション系ブランドを中心にセレクトしていて、ブランドの選択など見事なディレクションだと感じた。

f:id:sheepman1130:20180207014157j:plain

オーナーのPhillipは本業グラフィックデザイナー。好きがこうじて「ファッションとアウトドアの垣根をなくした」ショップを始めたとのこと。オフィスにはベアブリックやモダンアートの本が並び、なんだか他人という気がしないw

世の中、似たような人間がいるもんだ(一応ぼくも本業グラフィックデザイナー)。

f:id:sheepman1130:20180113213623j:plain


ブレードランナー的な雰囲気がぐっとくる景観。

そもそも「香港にひとりで行く」という機会はなかなかないと思う。そう考えると、トレイルランニングに出会わなければ、香港に来ることはなかっただろう。トレイルランニングが好きになって、ブランドを始めたことで、香港にラン友ができたり、ショップとつながりができたり、好きなことで自分の世界が広がるのは楽しく、ブランドをやるご褒美みたいなものだろうか(大変なことも多いけど)。

ぼくが行った翌週は香港マラソン。その次の週はメジャートレイルレースであるvibram HK100。ロードランナーもトレイルランナーも香港トリップを視野に入れてみたらいかがでしょうか。

さて、帰国の日。香港国際空港は入口近くにフードコートがあるけど、時間があればゲート40-80近くのフードコート「EAST TO WEST FOOD MARKET」(食東西)がオススメ。ガチョウのローストで世界的に知られる名店「鏞記(ヨンキーレストラン)」や、ワンタン麺の超人気店「池記」が出店している。

何故か無性にチャーハンが食べたくて「鏞記」で注文したら、出てきたのが焼きそば。メニューの「炒飯」と「炒麺」を見間違えたらしい。。。