ランニングがもたらしてくれるメリット

f:id:sheepman1130:20180324103843j:plain

5月に100Kレースに参戦するので、2月から本格的にランニングを再開。しかし、早速故障してしまった。。。

故障の原因はわかっていて、シューズを変えたこと。

 
これまでは普段のロードランニングはALTRA(※1)やHOKA ONE ONEなどを履いていたが、今年から某グローバルメーカーのシューズに変えた。

そのシューズの完成度は高く、とても気持ちよく走れるし、ペースも自然に上がっていた。その結果として故障。ペースが自分の身体にあっていなかったようだ。


(※1)先日ALTRAアメリカ本社がTimberlandやTHE NORTH FACE、LEEなどを抱える企業に事業売却!ちなみにフランスのHOKA ONE ONEも数年前にアメリカ資本に身売り済み。

深刻な故障ではないので、だましだまし走ることに。ただ、シューズはnew balance minimusに戻した。

以前も書いたけど、なんのために走るのか、と考えた時に、ぼくは身体を壊してまで速く走ろうとは思っていない。だからレース中にロキソニンを飲むことはないし(※2)、レース途中で限界と思えばそこで止める。それが自分の実力なのだ。


(※2)ランニングコーチのトレイルランナーズ大阪の安藤さんがブログにロキソニンについて書いています。


目標のレースに、怪我なく完走する。そのために必要な練習として走る。そう考えれば、今の時期はminimusで足を鍛えることが大切。ふくらはぎや足裏にジンジンきます。(インソールなしの4mmドロップ)

ただminimusはラインナップ落ちという悲しい現実。。。買い置きしとくか。

f:id:sheepman1130:20180320195858j:plain

故障はすぐに治るものではなさそうで、デスクワークの際の座り方や姿勢、普段の歩き方から見直すことに。これからの人生を考えれば悪いことではない。

日々の健康を考える。これもランニングがもたらしてくれるメリット。

夜ランも夜桜のおかげで楽しさがアップする季節。みなさまも楽しいランニングライフを。