3周連続週末トレイル(トレイルランニングカルチャー)

f:id:sheepman1130:20180427112503j:plain


ぼくはトレイルランニングを愛好はしているけど、山の近くに住んでいるわけでもないし、そんなに頻繁にトレイルに行っているわけではない。

そんなぼくが3周連続週末トレイル。



f:id:sheepman1130:20180414103334j:plain

mma-trailrun.blog.houyhnhnm.jp


4月14日は先日ブログにも書いたけど、高尾山口-陣馬山往復トレイルに。

f:id:sheepman1130:20180421092227j:plain

 

mountain-ma.com


4月21日は埼玉県の飯能の山々を舞台とした25kのトレイルレース「FunTrails名栗」へ。短いながらもガツっと登ってガツっと下り、景色も堪能できる充実したレース。オススメです。

f:id:sheepman1130:20180429054506j:plain

 

mountain-ma.com


4月27日から29日までは、日本を代表する100マイルトレイルランニングレース「UTMF/STY」にスタッフとして参加。

mountain-ma.com


90kのSTYには最初の区間のスイーパーとして。

mountain-ma.com


100マイルのUTMFは141k地点の二十曲峠エイドの運営担当として。

なんとも濃密な3日間だった。最近は自分ではロングレースに出ることはないけど、長い距離=長時間のため、様々なドラマが生まれる。今回も参加されたランナー、サポート、スタッフ、関係者のみなさまに多くのドラマがあったかと思います。

f:id:sheepman1130:20180428184058j:plain


ぼくは「トレイルランニング(ランニングも含めて)」を「競技」としてはとらえてない。

競技:技術の優劣を争うこと。特にスポーツの試合をすること。また、スポーツのこと。

スポーツを始めるきっかけは人によって様々だと思う。ぼくにとっては“楽しい”から。つまり遊びのひとつ。だからいろいろな楽しみ方を考える。自然や季節を感じながらひとりで走ってみたり、レースに参加してみたり、スタッフとして大会運営に携わってみたり。

まだまだ試行錯誤ではあるけれど、これからも様々な遊び方を探していきたい。競技としてだけではなく、カルチャーとして楽しめるように。