最近の買い物(時代の流れ)

f:id:sheepman1130:20180603144731j:plain



クリック合戦をクリアしてNIKE ACG RUCKLE RIDGEをGET!

 
90年代ACG世代としては、エロルゾン・ヒューのかっこいいACGはいまいちピンとこなかったんだけど、今回の旧ACGロゴが復活、しかもあの独特なレトロカラーとなると、やっぱり物欲がフツフツと。

www.nike.com


さらにRUCKLE RIDGEに惹かれたのが、「街を走ることができて、そのまま山にも行けるシューズがあればいいと考えたんだ(アーロン・クーパー)」というコンセプト。まさに街に住むトレイルランナーにぴったり。

とはいえ、このシューズでトレイルを走ることはないと思うけど、ライトハイキングには使えそう。夏の登山で履いてみようと思う。

f:id:sheepman1130:20180604215557j:plain



こちらはNIKE VAPOR STREET FLYKNIT。

ランナーならご存知、VAPORFLY ELITEのストリートバージョン。フライニットの素材に清涼感があり、夏にスリッポン感覚で履けそう。ショーツに合わせたい。

VAPOR STREET FLYKNITも履いて走る機会はないと思うけど、RUCKLE RIDGEとの共通点は、アクティビティとストリートの境をなくすコンセプト。

実態があるのかないのかわからない「トレンド」よりも、「機能」をベースとした提案が今後も増えていきそう。時代の流れとしては「リアル」であることが、より信頼と支持を得られるような気がしている。

f:id:sheepman1130:20180606222512j:plain



ちなみにぼくのブランド「Mountain Martial Arts」もデイリーからランニング、トレイルランニング、登山もいけます。まさに「街で着れて、さらに走ることができて、そのまま山にも行けるウェアがあればいいと考えたんだ(ユウイチ・シブイ)」というコンセプト。

ブランドを始めた5年前よりも、アクティビティとストリートの境は確実になくなってきている。時代が追いついてきた?