デイリーユースとスポーツウェアを分けているのはだれ?

f:id:sheepman1130:20180723172016j:plain

この夏の新作、MMA Crazy Border Big Tee。

 

f:id:sheepman1130:20180723172134j:plain

2年前から展開しているBorder print Teeは、COOLMAX®に古着のボーダーTシャツからスキャンして作成したデータを全面プリント。つまり服に服をプリントしていて、織り目やシワなどもリアルに表現されている。

しなやかで肌触りがよく、速乾性のあるCOOLMAX®は、スポーツ時だけではなく、この夏のように暑い季節のデイリーユースに最適。

f:id:sheepman1130:20180723171945j:plain


そのボーダーを前身頃、後ろ身頃、袖、脇のマチをクレイジパターンに配置。さらに肩幅と身幅を広げて、ビッグシルエット化。

ファッション的視点でみれば、速乾性のあるボーダーTはなかなかないと思う。
スポーツ的視点でみれば、ショルダーの落ちたビッグシルエットのランTは見当たらない。

f:id:sheepman1130:20180725013932j:plain

今日は仕事にこれを着て行って、帰りは帰宅ラン。ビッグシルエット化によって風通しがよく、走っていても快適だった(さすがに暑いけど)。

ちなみにボトムスは速乾素材にヴィンテージヘリンボーンをプリントしたランニングパンツ。足元はルナサンダル。

見た目は普段着。でもスポーツもできる。それはMountain Martial Artsにとっては普通のこと。しかし、まだまだそうした認識は一般的ではない。

では、デイリーユースとスポーツウェアを分けているのはだれ?

それはカテゴリーごとに部署や売り場が分かれているメーカーやショップの都合かもしれない。でも、多分あなた自身が心の中で分けている。

その線引きをとっぱらえば、ファッションもスポーツももっと楽しくなると思う。