HOKA ONE ONEにまつわる思い出話

f:id:sheepman1130:20180829012559j:plain


このところ登山で愛用しているHOKA ONE ONE Tor Speed2 mid WPがヨレてきたので、Speedgoat mid WPを新たに購入した。

 
ぼくは登山ではトレイルランニングシューズでは少し心もとなく、トレッキングシューズだと重すぎると思っている。このHOKA ONE ONEのミッドカット&防水シリーズは、トレイルランニングシューズのメリットを活かしたトレッキング対応。実際にTor Speed2 mid WPを使ってみると、もうこれ以外は履けないくらいベストマッチングだった。

新作のSpeedgoat mid WPも実績のあるSpeedgoatベースなので(Speedgoatのトレイルランニングシューズは以前履いていた)、信頼性は高そう。vibramソールはそのままだが、防水がeVentからSkyshellに変更になっている。

ちなみに、見た目に惹かれてTor Ultra hi WPも以前購入したけど、ウィズが広すぎてシビアな登山には使えなさそう。低山トレッキングか、雨の日の街履きというところだろうか。

そのHOKA ONE ONE。最近ではオシャレシューズとして認知されているらしい!オシャレなセレクトショップに並んでいたり、ENGINEERED GARMENTSとコラボレーションしたり。日本初登場時から知っている者としては、ちょっとビックリ。

f:id:sheepman1130:20180905003821j:plain


ぼくらがHOKA ONE ONEを初めて知ったのが、2010年のハセツネだった。日本山岳耐久レース、通称ハセツネは、奥多摩の山々を舞台とした75kのトレイルランニングレースで、当時国内最高峰と呼ばれていて注目度も高かった。

2010年、そのハセツネに突如として現れ、優勝をかっさらってしまったのがHOKA ONE ONE契約ランナーのLudovic Pommer選手。創業者のNicolas Mermoud選手も15位に入り、二人の足元を飾る見たこともない厚底シューズは一気に注目を浴びた。ぼくはノースウェーブを思い出したw

2010年頃はベアフット(裸足ラン)が大流行だっただけに、厚底のインパクトは抜群。しかも国内最高峰のレースでの優勝という結果を伴い、日本でのプロモーションは大成功だったと言えよう。

そのあたりの当時の状況はトレイルランニング専門サイト「DogsorCaravan.com」に詳しい。

dogsorcaravan.com


もちろんぼくも興味を持ちショップに見に行ったけど、当時のHOKA ONE ONEのクオリティは決して褒められたものではなく、高額であることもあって購入には至らなかった。そしてひっそりと日本から姿を消した(と思う)。

f:id:sheepman1130:20180905003837j:plain


再会したのは2012年のフランス、シャモニー。世界最高峰のトレイルランニングレース「UTMB」のハーフレース「CCC」に参加するために訪れていたのだが、この時期は世界中から5000人以上のトレイルランナーが集まるシャモニーで、HOKA ONE ONEを履いているランナーが多いではないか!

しかもクオリティも抜群に向上していて、これは欲しい!と思いシャモニー中のショップを巡り、なんとかSTINSONというモデルをGET。翌日はそれを履いてレースに出るという暴挙!(初めて履くシューズでいきなりロングレースに出るのはオススメしません)

レースは残念ながら実力不足でDNFだったが、足はノーダメージだった(ただグリップが低く、吹雪く2500mのグランコルフェレを登るのに難儀した)。

f:id:sheepman1130:20180904183721j:plain


今でも思い出の一足で、オフィスで保存している。

たしかその年だと思うけど、日本でのインポーターも変わり、HOKA ONE ONEは一気にトレイルランナーに認知され、一躍人気シューズに。その頃にはベアフットブームが終わっていたのは、時代の流れだろうか。

ぼくもこれまでSTINSON、RAPA NUI、CLIFTON、SPEEDGOAT、BONDI、SPEEDINSTINCTなどのモデルを履いてきた。ただ癖や好みがあるのは確かで、最近はあまり厚底ではないSPEEDINSTINCT以外で走ることはなくなった。

f:id:sheepman1130:20170825192901j:plain


HOKA ONE ONEオシャレ化計画の裏には、インポーターが再度変更になったことと(厳密に言うと本国が身売りして、身売り先の日本法人がインポーターになった)、ボリュームのあるスニーカーブームがありそう。

でも、HOKA ONE ONEの最大の強みは、実際のトレイルで使う人たちに支持されていること。国内でも、国外でも、トレイルレースでHOKA ONE ONEを履くトレイルランナーはたくさんいて、今ではスタンダードな存在。その説得力が、HOKA ONE ONEというブランドの厚みとなっていることは間違いない。

なんとなく、1990年代にセレクトショップのスタッフ(ぼくの先輩方)がPatagoniaをかっこよく着こなしていたのを思い出した。ガチなシーンで有効な機能は、街中でも有効なはず。ミリタリーの魅力にも通じるリアルなかっこよさ。

Mountain Martial Artsもいつかそんな存在になりたい。

f:id:sheepman1130:20180905003227j:plain


昨年参加したOCC(モンブランを1/4周する50kレース)はSPEEDINSTINCTで完走。終始雨のツライ状況だったけど、足はノーダメージ(相変わらずグリップは弱い)。

f:id:sheepman1130:20180905003133j:plain


今年参加したUTA(オーストラリアブルーマウンテンズの100kレース)は、レース前日に購入したSPEEDINSTINCT2で完走。いきなり履いても対応する完成度。

HOKA ONE ONEは、ぼくにとって完走請負シューズ。

f:id:sheepman1130:20140220215559j:plain


そういえば、2014年にはMountain Martial ArtsとHOKA ONE ONEでコラボレーションもさせていただきました。時代先取り過ぎ!

(当時のインポーターさんに大感謝)

f:id:sheepman1130:20180521002354j:plain