マーケットは狙うものではなく作るもの(新しい価値創造業)

f:id:sheepman1130:20180916120231j:plain


ひとりで仕事をしているメリットは、スピーディーなこと。長い会議も上司のハンコもいりません。

デメリットは、自分以上のアイデアは出てこないこと。

 
そんな時に、ランがつないでくれた若者たち(といっても30代)がヒントと刺激を与えてくれたりする。

二人は仕事の業種も年齢もぼくとは異なるし、走りの実力も全然違う。片やUTMF80位台、片や先週の日光トレイルランで16位。めちゃ速い!

でも、ランを楽しむという気持ちは一緒。

f:id:sheepman1130:20180414110347j:plain


そういえば、以前ひとりで高尾山口-陣馬山往復ランをやった時に、陣馬山手前でバッタリ会ったりもした。

さて、そんな二人と意見交換していると、アイデアが湧いてくる湧いてくる。自分自身の思考の整理もできるし、アイデアのいくつかはとても大きな可能性を感じる。

いつも思うのは、モノや情報があふれた成熟した時代に、既存のマーケットで何かを為すことはとても難しい。例えば、いきなりぼくが「デザイン大賞狙います」「ファッション賞とります」と意気込んでも、多分無理。

でも、マーケットは既存のものだけではない。身近な例で言えば、スマートフォン市場なんてものは20年前にはなかったし、トレイルランニングなんてカテゴリー自体が存在しなかった。マーケットは狙うものではなく、作るもの。

そういう意味では、ぼくが今取り組んでいる「デザインでアクティビティを楽しむ」「アクティビティのあるライフスタイルをサポートする」というマーケットは、多分なかったのだと思う。

このマーケットが大きな可能性を持っているのは、業界人でも有名人でもなんでもないぼくが始めたブランドが、小さい規模ながら6年も続けられていることが証明している。

f:id:sheepman1130:20180831170134j:plain


いま、いろいろなマーケットが見える。それは多分、ぼくがアパレル業でもスポーツ業でもアウトドア業でもデザイン業でもないからかもしれない。目指すは新しい価値創造業。

見えているマーケット、考えているアイデアがうまくいくかどうかはわからない。でもやらないよりはやったほうがいい。なぜなら、楽しいから。人生は一度きりだし。

来年は形にしていきます。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

Mountain Martial Arts(MMA)公式サイト
https://mountain-ma.com

MMA Facebook page
https://www.facebook.com/mountainmartial/

MMA Instagram
https://www.instagram.com/mountainmartialarts/

自分のInstagram
https://www.instagram.com/shibuinsta_mania/

MMAサイト内のブログ「文系ランナーZ」
https://mountain-ma.com/bunkei/

ランニングメディアのRunners Pulseさんのブログ
http://runnerspulse.jp/yshibui/